無職だからダークソウル2をやる ~俺は同胞+1だけどお前は?~

公開日: 

darksouls2

こんにちは、無益です。
ダクソ2のRMTはまだですかね? 50万ソウル100円でいいからはよ頼む!!



先日DLCが出ましたが、当日と翌日、そして最初の土日を超えるとDLCマップにも人があまり居なくなってきました。
白サイン出しつつ守護者として待機してましたが、どちらにも呼ばれず一時間経過とかもザラに。
なので、信義の証が80個程溜まった所で白は諦め修練に行く事にしました。

ちなみに、80個中の25個位はエレナ討伐です。大体60回位挑んで25回位倒しました。
ホストが3週~4週越えてるとホスト自身の即死も多くなってくるので、やり応えもありますがクリアは難しい感じ。
でも久々に白やる楽しさがあったんで、次回のDLCも大期待です。


と言う訳で修練へ。
最近は開幕礼する人の割合が多いだけで、中身は死合いと変わらない感じですね。
バフエンチャハベルンとかも死合いの割合とあんま変わらないと思う。

守護者は+2だし、特に拘りも無いので適当な武器を使いつつ80個消費。
無明ステはこう言う時色々使えて便利でスね。

ただ、思ったより早く全部消費してしまいちょっと物足りなかったので久しぶりに死合いへ行く事に。
同胞LV0のパンピーなので、こちらも特に気負う事は無いです。





以前もちょこちょこやってましたが、一番勝率が良かったのは脳筋デモ槌。
次に脳筋チャリラン、技量鎌ダガー、シミター闇術、闇術オンリーと言った感じ。
シミター闇術と闇術オンリーは半分も勝てなかったので貯金はゼロです。

今回はLV250の30無明ステなので、太くて硬くて長い両手持ちの無明黒炎石ダガーでやってみる事に。
装備は重量25%以下の軽装で防具強靭はゼロの軽ロリマン。
んで、開幕惜別。相手がエンチャしてたらエンチャって感じ。


最近ちょこっと黒炎石ダガーが流行ってるらしいので5割以上は勝てるかなーと思いきや……強いですぞこれー!!
特に装備重量が60%-70%辺りの中強靭系装備に強い。
勿論軽装にも強い事は強いけど、メタ的な意味で強いと思う。

石指輪+両手持ちでR2を出すと大体怯むし、相手の攻撃を潰せるし。
特にエロいのが、相手の中ロリを軽装ロリで追いかけ、ロリR1で相手の移動先に重ねる戦法。これが凄い。
ロリ距離が違うから余裕で届く。届きまくる!

一度入るとそこから更に嫌がってロリするから、それをチックチクチックチクしてるだけで倒せる展開が数多くあった。
うーん……凶悪やで。。
まぁ流石に高強靭のゴリゴリ重装備系にはダメージ通らないし全然怯まないしで分が悪いけど、それはどのビルドも同じかなって感じですし。


そんな軽装無明マンでモリモリプレイした結果……













ds2_douhou
同胞LV+1になれました!!







WRYYYYY!!
ブッ潰れよオーラ無しのZAKOどもよぉおおおッ!!



あ、嘘ですちょっと強がってみたけですだからその無明影短剣と槍しまってしまってしまってなのぉおおお!!!




……ふぅ。
という事で、せめて+1にはなりたいなーと思ってたので嬉しい限り!
真流行り神が届くまでの繋ぎに死合いして、何とか+1になれたらいいなーとか思ってましたが以外に早くなれました。
+2を目指すつもりはないですが、やってて面白いのでまた暇が出来たらやろうかなーって感じです。

ふぅ~。キリのいい所まで出来たし、ダクソもひと段落ですわ!!
後は流行り神楽しむゾー!!




DLCで新しい武器魔法が出たらまた死合いも楽しくなるでしょうし、ダクソはほんと費用対効果が高いなぁ……!
グフフ……得したなぁ……ッ!!




にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
ブログバナーをクリックするとこのサイトの有益度(ランキング)が解ります

Comment

  1. Heaven より:

    Jak to co siÄ™ teraz dzieje widzi Gutek ,chyba tak samo jak Chris ich w tym samym miejscu ich z Derkiem doganiaÅ‚ i na szczęście zabrakÅ‚o 40 sekund,tejachty już po tych regatach chyba nie wejdÄ… na gieÅ‚dÄ™ „dobrych uż?8anych&#w221;yCzy można je reklamować i czy stocznie nie majÄ… żadnych wyrzutów sumienia,przecież najlepsi żeglarze ryzykujÄ… niepotrzebnie życie.Nie mówiÄ…c już o nas którzy zamiast kibicować,to trzymajÄ… kciuki aby dopÅ‚ynÄ™li.

コメントする

PAGE TOP ↑