無職の友人(40代後半)が退職した結果wwwwww

公開日:  最終更新日:2014/09/21

20140905_cla_papa



四年無職でwww貯金wwゼロwww



………



……







笑い事じゃねぇえええ!


ゼロと言うのは本人談なので盛ってるかもしれませんけど……正直、絶望しかありません。
その人は専門学校を卒業後からその会社に勤めてたんですよね。
なので20年以上の経験があります。

そこの早期退職者募集か何かで辞めたような……まぁリストラ的な感じなのでしょうけど、40代後半とはいえどもまだまだ働き盛り。
年金が貰えるのは65歳からですので、まだまだ期間があります。
となれば勿論何処がで働かないと厳しい。

その人は独身でアパート暮らし。
そんな中、20年以上も働き詰めだったんだから自分を褒めたくもなりますよね。
だもんで、とりあえず半年位は遊んでいたようです。


で、旅行等で自分をリフレッシュした後、改めて就職活動を始めたそうなのですが――


四 年 間 決 ま ら ず


そんな馬鹿な! と思うかもしれませんが、無益の勤めていたIT系の会社でも同じような事がありました。
1人の募集枠に30人集まり、中には40代のベテランも。
スキルも十二分に持っており即戦力間違いなしなのですが、その人のスキルに見合った給料を会社は出せないんですね。
要するに持て余してしまう訳です。

その人は「若手社員と同じ給料でもいい」と言うのですが、それをやってしまうと社員のモチベーションが下がってしまう。

「あそこまで出来るのに給料はあの程度なのかよ……」と。

それ以外にも色々ありますが、何にせよ厳しい訳です。

結局その人は見送られ、そこそこの若手が入ってきました。
結局、能力があろうと年齢を重ねた人への待遇と言うのは大体がそんなもんです。

20年も一つの会社で勤めていた人間が転職出来ない世の中。
終身雇用が崩壊した今、じゃあどーすりゃいいってんでしょうね……。


そんなこんなで、四年間無職で貯金がゼロになってしまったそうです。
それなりに貯金もあったと思いますが、48ヶ月分の生活費と税金が掛るならそれはまぁ無くなっちゃうでしょうね……。

結局友人は派遣に登録し、若者に交じって工場で時給950円で働いているそうです。
20年のキャリアもなんも関係なく、ただただ軽作業をこなす毎日。


なんだこれ?


一生懸命働こうが、何年頑張ろうが会社からは切られるリスクがある。
そして切られたら這いあがれず、ずるずると死んでいく。

「バイトしながら探せよ」って意見は真っ当だと思うけど、一つの会社に20年以上勤めた40代後半の男がそこまでしなきゃいけない環境の方がおかしいと俺は思う。


じゃあどうするのがいいか?
答えは簡単。浪費せず貯金をしながら退職まで勤めた後、年金貰うまではアルバイト。

……クソ過ぎィ!!!
老後に遊んで何が楽しいんだ!? 何が出来るんだよ!!
でもそうしないと失職した時にどうしようもないんだからしょうがない。

若いうちから老後の心配。何のために生きてんだこれ。。


勿論、優秀な人ならこの限りでは無いんだろうけど、そんなのは一握りであってその他のMOBには慈悲さえないのか……。
久しぶりに人生に絶望した一日だった。




今日の無益指数:+1
今月の累計指数:6

人事だけど他人事じゃないんだよなぁ……。




にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
ブログバナーをクリックするとこのサイトの有益度(ランキング)が解ります

Comment

  1. 世良佳輔(せーら) より:

    はじめまして、せーらと申します。

    他人(会社)に自分の人生任せてる方が悪いって
    言う人もいると思いますが、なんでしょうね。
    空しくなりました・・・

    私はその彼の勤続10年までしか
    経験したことがないので想像でしか言えませんが、
    勤続20年ってすごいですよ。

    老後のために今を犠牲にして我慢してって。
    ホント何のために生きてるのかわからないですよね。

    もっと自由に好きに生きても
    バチあたんないと思いますけどね・・・

    すみませんm(__)m
    めちゃくちゃリアルな記事ですごく考えさせられました。

    応援ぽちです

    • 無益(無職) より:

      はじめましてこんばんは!コメントありがとうございます。
      お返事遅くなり申し訳ありません。

      そうなんですよね、20年って本当にすごい筈ですよね。
      でも、その凄いはずの経歴が不景気ゆえなのか役に立たずその結果が……悲しい現実です。
      そうならないように努力すべきだと言う事も十分解りますが、適応能力には個人差がありますし、中には当然厳しい人もいますもんね。。

      そんな世の中なので、仕事に一途な真面目さよりも趣味や人生の目標等、メンタル面で充実していた方が適応力のある人間になれて生きやすいのかもしれませんね……。

      ちなみに、この友人については色々反響をいただいたのでその後をまた書くかもしれません。
      介護問題や身体的病気、更にリアルな話になってきてしまいますが……お暇な時にでもまた覗いてみてください。

      ありがとうございました。

      • Jaclyn より:

        What would we do without the brilliant strategies you discuss on this blog? Who has got the tolerance to deal with crucial topics in the interest of common readers like me? My spouse and i and my pals are very delighted to have your site among the kinds we typically visit. Hopefully you know how sitnfiicangly we value your working hard! Best wishes through us all.

  2. Genevieve より:

    I like the second and the last shots ! I didn't go Gurney Drive during day time. We went there in the night so everywhere was 乊Œé†ææ¹¼»‘ and heavy traffic jam too. Looking forward to viewing your next Penang Trip photos.

コメントする

PAGE TOP ↑