無職もGoogleデビューしたけど検索結果がおかしい件 ~SECURITY WARNING: Please treat ……?~

公開日:  最終更新日:2014/09/09

panda-tan-and-penguin-tan

(アイキャッチはSEOのホワイトハットジャパンさん | パンダアップデート対策まとめより引用)



こんにちは、無益です。
googleは凄い企業だって事を改めて感じた今日この頃です。



先日、Googleで検索してもサイトが出てこないと嘆いていましたが、その際にウェブマスターツールでindex送信等をした結果――


検索結果に出てくるようになりました!


だからなんだって事はないんですが、これでようやく今風なブログに一歩近づけたのではないかなーと思います。
しかし、喜んでいたのも束の間。早速新たな問題が……。




検索結果のサイト概要にエラー構文が表示される

エラー構文の内容

「くそむえき」と検索すれば検索結果に出てくるようにはなりましたが、サイトの説明概要を表示している個所に怪しげな英文が。


通常はこんな感じです。

20140908_google_des5

氏の文章の使い回しには特徴があり、特に有名なのが「反復表現(トートロジー)」と「リアルリアリティ」である。
琴音が起こす超常現象も私なりの”現実感”で描写されています。
黒く光るのは慣性力を奪われた光子――。 白く光るのは放射線状に揃えられた光の …

この部分がサイトの概要ですよね。
サイトの中身を表示しています。


で、くそむえきの検索結果が――

20140908_google_des4

SECURITY WARNING: Please treat the URL above as you would your password and do not share it with anyone.
See the Facebook Help Center for more information.
SECURITY WARNING: Please treat the URL above as you would your …


せきゅりちーわーにんぐ、ぷりーず……??? なんのこっちゃ!?



原因はフェイスブックのエラー?

英文内にも「Facebook」と出てるように、どうやらフェイスブックのエラーのようです。
機械翻訳すると

セキュリティ警告:上記のパスワードを忘れてだろう、誰とそれを共有しないようにURLを扱う下さい。
詳細については、Facebookヘルプセンターを参照してください。
セキュリティ警告:上記のあなたと同じように、URLを扱うしてください…

うーん、そもそもフェイスブックやってないんですけどね。
関係ありそうなのがFacebookの「イイネ」ボタンと「シェア」ボタン。

これを表示するプラグイン(WP Social Bookmarking Light)を削除してしまえばいいのかもしれませんが、今後も便利なプラグインは入れて行きたいので他の方法を考える事に。
そもそも任意の文章が表示できればいい訳ですしね。



descriptionをヘッダーに挿入する

metaタグのdescription要素とは

簡単に言えばそのサイトの説明文です。
Googleさんはmetaタグ内のdescription要素の文章を表示してくれるとの事なので、早速指定する事に。

ワードプレスでもテーマによるのかもしれませんが、無益が使っているGushではデフォルトでdescriptionは指定されていません。
てっきりサイトのキャッチフレーズがdescription要素として使われているのかと思っていましたが、そういう訳でも無かったようです。

と言う事で、早速挿入してみます。



ヘッダー内にdescription要素を挿入する

全てのページに適切に指定するのが一番良いようですが、それは追々考えるとして……とりあえず指定した文章がサイト概要として表示される事を目的に。

方法としては、下記のコードをheader.phpに挿入します。

(引用元:WEBOPIXELさん | WordPressのhead要素を整理してみる


具体的なやり方は――
※Gushの場合



20140908_google_des1

管理メニュー一覧より外観>テーマ編集を選択。



20140908_google_des2

右側に表示されるページ一覧よりヘッダーを選択。



20140908_google_des3

header.php編集画面に移行するので、編集画面のheadタグ内に先程のコードを挿入。
そのままだとテーマで使用しているキャッチフレーズがdescription要素として利用されます。
自分で考えた文章に変更したい場合は下記のコードを使用します。

「サイト説明文」を編集してください。
※元コードをコメントアウトして残してあります。

descriptionの中身としては、100文字~120文字程度がいいそうです。
その中にサイトのキーワードを含めておくとSEO的にもモアベターだそうな。


これでdescriptionが挿入されました。
保存したらトップページのソースから確認します。



descriptionを指定した結果

まずはウェブマスターツールからindexを送信

修正しましたがすぐに拾ってくれる訳でもありません。
とりあえず、ウェブマスターツールのFetch as Googleからindexを送信します。

こうしておけば、あとは待つだけ……のはず。



修正結果

翌日――



20140908_google_des6

無事反映されました!

これでまた一つ懸案解消、すっきりポンって感じですね。


ちなみにこのエラー、SECURITY WARNING: Please treat theと検索すると同じような結果のサイトが結構出てきます。
ワードプレスを使っており、フェイスブックボタンを設置してて、かつdescriptionを設定してないと起きてしまうのかもしれません。

そもそも気が付きもしないかもしれないですが……やっぱりカッコ悪いので、弱小ブログでも見栄えだけは良くしたいですね。
ボロは着てても心は錦、です。

……ちょっと違うけどまぁいいか。




あー脳みそ使ったからお腹すいた。
コンポタスナックでも食べよう。。



にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
ブログバナーをクリックするとこのサイトの有益度(ランキング)が解ります

Comment

  1. AnthonyHar より:

    No matter how you do it, losing weight is an individual thing. Friends can help you but they can’t lose the weight for you. You’ve got to take charge of your weight loss from the beginning if you want to get serious about losing weight. The following tips will help.

コメントする

PAGE TOP ↑